• 古澤 鳳悦

安倍晋三氏を四柱推命で占う(まとめ)

最終更新: 9月13日


 安倍首相がついに「辞任表明」されました。このブログの読者からも「予想通りだった」とのご連絡を何通かいただきました。私としては、大運が変わる直前に決意されたのは、賢明な選択ではなかったかと思っています。首相が記者会見で述べられた内容を整理すると、7月中旬から症状が出始めたとのことですが、これは未月の後半から蔵干に「己」つまり土が回ってきたタイミングと合致します。立秋をすぎてからは申月で蔵干も「戊」ですので、病状も徐々に進行し、蔵干中気の乙が1週間あり一時的に体調を取り戻しても、その後に蔵干正気の「庚」が回ってきたのが大きく影響したのでしょう。

 前にも述べましたように、今年庚子の年は安倍氏にとっては「受難の年」でした。これまでの10年間、大運で「卯」が巡ってきて、寅卯辰の方合で木の気が強まったことで、土と金の気の強さを抑えたことが、憲政史上最長の長期政権に結びついたと言えるでしょう。長い間お疲れさまでした。そして、官邸から離れれば、現在最大の敵であるストレスから解放されるでしょう。ゆっくり休まれて早期に回復されるようお祈り申し上げます。(了)


Copyright (C) 2020 Uranai Laboratory All Rights Reserved