• 古澤 鳳悦

安倍晋三氏を四柱推命で占う(2)

最終更新: 2020年8月18日


 <六十干支> 四柱推命は、生年月日時の暦をもとに占います。ここで使う暦とは「干支暦(かんしれき)」です。干支というのは十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)のことで、十干は、甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)を指します。これに対し、十二支は、子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)を言います。十二支は年賀状を書くときに使う場合があり、少しは馴染みがあるものの、十干は現代社会では日常的にほとんど使われていないので、憶えるのにひと苦労します。しかし、四柱推命は暦がベースの占いですから、これを習得するには、まず十干十二支を頭に入れて、自在に使いこなす必要があります。 四柱推命は、生年月日時の暦をもとに占います。ここで使う暦とは「干支暦(かんしれき)」です。干支というのは十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)のことで、十干は、甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)を指します。これに対し、十二支は、子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)を言います。十二支は年賀状を書くときに使う場合があり、少しは馴染みがあるものの、十干は現代社会では日常的にほとんど使われていないので、憶えるのにひと苦労します。しかし、四柱推命は暦がベースの占いですから、これを習得するには、まず十干十二支を頭に入れて、自在に使いこなす必要があります。



 では、干支暦は、実際にどのようになっているのでしょうか。十干と十二支の組み合わせは、甲子(きのえね)から始まり、乙丑(きのとうし)、丙寅(ひのえとら)と順番にペアを組んでいくと、最後は癸亥(みずのとい)で再び甲子に戻ります。つまり60種類の組み合わせができ、これを60干支と呼んでいます。60干支は年、月、日、時ごとにそれぞれ循環します。年は60年周期、月は60カ月(5カ年)周期、日は60日(2カ月)周期、時刻は60時周期(5カ日、1干支が2時間)となります。


例えば、2020年6月10日10:00に生まれた方は、

  年:庚子(かのえね)

  月:壬午(みずのえうま)

  日:甲申(きのえさる)

  時:己巳(つちのとみ)

となります。年月日時の干支をそれぞれ「柱」としてみるところから「四柱推命」という名称が日本で生まれたようです。ちなみに中国では「八字」と呼ばれています。(つづく)

最新記事

すべて表示

オンライン受講者の声 (国分寺市 K.M.さん 女性)

この教室の良いところは、まず先生がとても謙虚で、かつ、とても優しいというところです。実はこの教室を知る前に他のところで気学を習った事があるのですが、授業料も高く、質問をすれば「そんな質問されたことない!」と怒鳴られて萎縮し続けた苦い経験があったので、1日講座を受けてみた時に、先生の丁寧で優しい授業に感動して、ここで習おうと決意できました。  その日の都合に合わせて教室で直接受講できたりzoomで授

オンライン受講者の声 (宮崎市 M.K.さん 女性)   

私は、南九州在住です。占いを習いたいけど、自宅から通えるスクールもないし、ネットで検索しては諦める日々でしたが、やっと古澤先生の「占いラボ」を見つけました。意を決して、受講開始のほぼ1週間前に、ご迷惑とは思いながら、受講を依頼しました。数日後、分厚い「テキスト」が送られてきて、びっくりしました。事細かな内容が、分かり易くまとめられた膨大な資料でした。  私が「占いラボ」で受講を決めた理由は、①「良