• 古澤 鳳悦

米大統領選の今後を占う(2)

バイデン氏の健康不安説 バイデン氏は11月に78歳を迎えました。任期4年の激務に耐えられるかどうかという不安説が囁かれていますが、果たして実際はどうなのでしょうか。

バイデン氏は「少年時代の喘息の病歴」を理由に徴兵猶予を受けており、このためベトナム戦争には従軍しなかったようです。(氏のwikipediaより) もともと命式に五行が揃っているとき、持病がある場合は、吉凶星の「血刃」があることが考えられます。バイデン氏の場合、年柱、月柱、日柱のいずれにも血刃がなく、残る時柱にあるとすると、甲辰時または己酉時生まれとなります。1988年の辰年に脳動脈瘤破裂という大病で入院手術したところからみても、2024年の辰年が一番注意が必要でしょう。また、2022年(寅年)は十二運の「死」と吉凶星の「劫殺(ごうさつ)」が重なるので事故やスキャンダルに要注意です。寅月(2月)と辰月(4月)も気を付けたいですね。(つづく)

Copyright (C) 2021 Uranai Laboratory All Rights Reserved