• 古澤 鳳悦

菅義偉氏を占う(1)


 安倍首相の後任が誰になるか注目される中で、菅官房長官が最有力と報道されています。そこで、しばらく菅氏の運勢を様々な角度から占ってみたいと思います。菅義偉氏は昭和23年12月6日に秋田で生まれました(時刻不明)。まず四柱推命で命式を出すと、すぐに菅氏が凄い運の持ち主であることが判ります。年月日の子亥丑は、3つ揃うと水(冬)の方合(ほうごう)といい、水の気を強め大きく発展します。今年は子年、しかも水を強める庚、そして10年周期の大運で辛(いずれも金)が巡ってきています。これでは総裁選に負けるはずがありません。(参考:桃太郎伝説は「申酉戌」の金の方合)

 安倍内閣を支えた功労者の菅氏ですが、安倍・菅両氏の日柱天干をみると「庚と乙」で干合(かんごう)といい、最も相性のいい組み合わせになります。ちなみに二階俊博氏も乙日生まれです。それぞれの役職の歴代最長記録を更新したトリオでした。

 菅氏の命式は年柱に「大極貴人」という星があります。年柱にこの星があると、裕福な家庭で両親から愛情をもって育てられることを表しており、苦労人の話はどこまで真実かはわかりません。また、父親を表す財星が支合、母親を表す印星が方合ですので、ご両親とも血筋が良く立派な方だと推察いたします。(つづく)

Copyright (C) 2020 Uranai Laboratory All Rights Reserved